Bugs Farm Column

(昆虫食コラム)

  • 2020年6月5日
  • 0件

【だんごむしの素】 炊飯器で簡単バナナライスケーキ

サワディカー、愛です。 レンジで簡単にできる虫団子ミックス粉『だんごむしの素』を使ったアレンジ❤レシピです。 米粉、砂糖、塩のみのシンプルな配合なので、米粉がわりにお使い頂けます。 【材料(1匹)】 食用コオロギパウダー配合『だんごむしの素』 35g バナナ 小1本(正味50gぐらい) 卵 Sサイズ […]

  • 2020年5月28日
  • 0件

昆虫食ノススメ 7

「昆虫は究極の伝統食!?」 人はいつ頃から昆虫を食べていたのだろうか? フロリダ大学のマーヴィン・ハリス名誉教授によれば、人類が虫を捕まえて食べたことこそが、手の器用さや、手と足の分化による頭脳の進化をもたらし、また、昆虫の多くはDHA(ドコサヘキサエン酸)など不飽和脂肪酸の割合が高く、これも脳神経 […]

  • 2020年5月21日
  • 0件

『昆虫を食べる!』

昆虫食に関する本 昆虫食について本を読んで知りたい!と思っている方のご参考になれば幸いです。 こんにちは、清田彩です。私が今までに読んだ本の中から「昆虫食に関する本」の感想を綴っていきます。 今回感想をお伝えする本のタイトルは『昆虫を食べる!』(水野壮 監修、洋泉社/2016年)です。 昆虫食に限っ […]

  • 2020年5月15日
  • 0件

江古田ミツバチ・プロジェクト第2部

江古田ミツバチ・プロジェクトさんの10周年イベント「ハチはこんなに身近な存在~蜂の子を食べながら振り返ろう~」(2019年11月16日於武蔵大学)にお伺いをして、都心部の養蜂や食べるだけではないハチミツの歴史も学べる貴重はお時間でした。 第2部・ 蜂の歴史についての講義を三島先生から、聴講させて頂い […]

  • 2020年5月8日
  • 0件

虫を食べて暮らす17

佐藤春夫の『蝗の大旅行』を読む 佐藤春夫(1892〜1964)は大正・昭和期の小説家・詩人で、ロマン主義的作風で知られている。『蝗の大旅行』(1926(大正15)年、改造社)は彼が初めて書いた14編の童話を収めている。ロマン主義の特徴である感情や個性の自由な表現によって童話も描かれている。 主人公の […]

  • 2020年4月30日
  • 0件

【だんごむしの素】 飲むダンゴムシ点滴(虫麹甘酒)

サワディカー、愛です。 レンジで簡単にできる虫団子ミックス粉『だんごむしの素』を使ったアレンジ❤レシピです。 米粉、砂糖、塩のみのシンプルな配合なので、米粉がわりにお使い頂けます。 【材料(1匹)】 食用コオロギパウダー配合『だんごむしの素』 大さじ1 乾燥麹 大さじ1 水 大さじ7 【作り方】 ① […]

  • 2020年4月23日
  • 0件

昆虫食ノススメ 6

「食用昆虫採取ノススメ!?」 ジビエという言葉を知っているだろうか?いつ頃からかよく聞くようになった言葉だ。 Gibierというのはフランス語で「食用に捕獲された野生の鳥獣」ということらしい。 日本語でいうところの狩猟である。イノシシやシカ、カモやキジなどが代表的な日本のジビエであろう。 ではプチジ […]

  • 2020年4月16日
  • 0件

『昆虫食古今東西』

昆虫食に関する本 昆虫食について本を読んで知りたい!と思っている方のご参考になれば幸いです。 こんにちは、清田彩です。私が今までに読んだ本の中から「昆虫食に関する本」の感想を綴っていきます。 今回感想をお伝えする本のタイトルは『昆虫食古今東西』(三橋淳、オーム社/2012年)です。 この本さえあれば […]

  • 2020年4月9日
  • 0件

江古田ミツバチ・プロジェク第1部

お天気の良い日に、可愛いミツバチさんのマスコットキャラクターさんもいる江古田ミツバチ・プロジェクトさんにお伺いさせていただきました。 とても素晴らしい内容なので、3部構成で感想を記事にさせていただきます。 3部にしても、書ききれないくらい魅力の溢れる江古田ミツバチ・プロジェクトさんについてお伝えした […]

  • 2020年4月2日
  • 0件

虫を食べて暮らす16

ザザムシ食という文化 二〇〇七年、スローフードインターナショナルで企画した「味の箱船」プロジェクトの品目に、信州スローフード協会が「ザザムシ」を申請し、イタリア本部の審査でスローフードに認定された。 「ザザムシ」にかぎらず、昆虫全般はかけがえのない伝統食材である。スローフード認定は、味の多様性が急速 […]

>昆虫食通販 バグズファーム

昆虫食通販 バグズファーム

この度は 昆虫食通販 Bugs Farm(バグズファーム)をご覧いただきありがとうございます。

昆虫食は 罰ゲーム用、2次会の景品、ユニークなプレゼントとしてはもちろん,
・将来の食料源として国連の専門機関 国際連合食料農業機関(FAO)の昆虫食に関するレポートをみて興味が湧いた。
・単純に食としての虫に興味がある。
・SNS拡散力があるメニューを開発したい。
・面白い栄養成分が無いか研究したい。
・化粧品原料として研究したい。
・薬の原料として研究したい。
などなど、、、 まだまだ、始まったばかりのニッチな分野です。

将来昆虫食が食料の主流になることは無いと思いますが、数多くの選択肢の中の一つとなる時代が来れば嬉しいです。
 
バグズファーム 店主

CTR IMG