虫を食べて暮らす 5

トノサマバッタの卵を食べてみた

昨秋にトノサマバッタを飼育している方から卵のうをいただく。アイスクリームパックに1卵塊ずつ産卵させたものだ。卵は泡状の物質で覆って保護されている。カマキリの卵のうと似ている。産卵時に腹部は通常の3倍ほど伸びるため、地中に深く差し込んで産卵できる。そのため湿度が保たれ、外敵に襲われることも少ない。

卵が入ったカップ

いただいた卵のうは冷蔵庫に寝かせて春を待つことにする。3月半ばにパックを冷蔵庫から取り出す。ヒーターマットを敷いた上に飼育ケースをおき、そのなかにパックを並べ、孵化するかを観察した。

4月7日に最初の孵化があり、微小なベビーたちが次々に誕生した。イネ科の草を与えると、10日間で7ミリほどに育った。冷蔵庫に残してあった残りのパックを飼育ケースに追加して様子を見る。すると5月1日に2度目の孵化。ベビーたちは本当に可愛い。

2孵化10日目、約7ミリ

これまでトノサマバッタの卵は食べたことがなかった。良い機会なので試食してみることにした。卵のうは泡が固まって砂とくっついているため、水洗いしてもなかなかきれいにならない。結構な時間はかかったけれど、それでもなんとか50個ほど砂を取り除くことができた。沸騰したお湯のなかに卵を入れて数分間加熱する。やっと試食タイムだ。

卵が房状に入った卵のう
水洗いした卵

7ミリほどの細長い卵は、一見すると今にも動き出しそうな何かの小さな幼虫に見える。初物だから五感を研ぎ澄ます。つまんで口に入れ、舌で転がす。舌触りは何の変哲もなく無味。思い切って噛んだ瞬間、予想もしなかった歯ごたえに驚く。皮の弾ける音が聞こえそうだ。「プチン」より「ブチン」がふさわしい。皮が弾けると卵黄に似た、だがもっと淡い甘みを舌先に感じる。ナッツと草のような香りが微かに鼻腔を抜ける。その後弾けた皮の渋みがやってきて、甘みと渋みがほんのり後味として残った。

>昆虫食通販 バグズファーム

昆虫食通販 バグズファーム

この度は 昆虫食通販 Bugs Farm(バグズファーム)をご覧いただきありがとうございます。

昆虫食は 罰ゲーム用、2次会の景品、ユニークなプレゼントとしてはもちろん,
・将来の食料源として国連の専門機関 国際連合食料農業機関(FAO)の昆虫食に関するレポートをみて興味が湧いた。
・単純に食としての虫に興味がある。
・SNS拡散力があるメニューを開発したい。
・面白い栄養成分が無いか研究したい。
・化粧品原料として研究したい。
・薬の原料として研究したい。
などなど、、、 まだまだ、始まったばかりのニッチな分野です。

将来昆虫食が食料の主流になることは無いと思いますが、数多くの選択肢の中の一つとなる時代が来れば嬉しいです。
 
バグズファーム 店主

CTR IMG