虫の良い大人甘いお話 蜂蜜チョコクリームなコオロギプロテイン

バックアイーシャがあと少しで完成しそうでしなくて、じたばたしている東風はるかです。

乾燥滑りでポールに、シットした瞬間にするする落ちて季節を感じるのがポールダンサーです。

筋肉保温で着ぐるみ化して保湿クリームにお世話にならずにはいられません。

そんな切ない、私に心地好いカカオプロテインとコオロギプロテインの大人の甘さに優しいスパイスでスイーツプロテインをご紹介致します。

今回も簡単です。しかも、食べきりで作れるから便利です。

カカオプロテインとコオロギプロテインを蜂蜜で優しく摂れるメニューになります。

カカオプロテインとは?ということで、ご紹介致します。

カカオ、皆さんもチョコでご存知かと思いますが原材料のカカオの実はフルーツです。

冷凍ですが、都内で有名なバレンタインイベントでカカオの実を数年前見ましたが果物でした。

そちらの中身を乾燥やローストした物を粉にするとカカオパウダーができます。

カカオの正式名は、『テオブロマ・カカオ』テオブロマは神々の食べ物という意味でカカオは種子の名前です。

カカワとも、昔は呼ばれていた地域があるそうです。

テオブロマは、ギリシャ語です。

カカオは、紀元前1000年頃位のメソアメリカ・メキシコ~中央アメリカ北西部にあります。

オルメカ文明の時代に、女性達が雇用者なのかな主に差しだしたのがカカオのはじまりというのもあります。

有名なマヤ・アステカ文明の時代は、カカオ豆が通貨の役割もあり

チョコレートドリンクも出来ました。

滋養や癒しがあり、知恵とパワーのあるドリンクとされました。

カカオの木は、ヨーロッパ人ではコロンブスが最初に発見しました。

歴史と栄養に溢れる、カカオです。

そして、カカオプロテインです。

腸内細菌を増やし、お通じが良くなります。

身体に優しく整えてくれるカカオを

使ったメニューが、蜂蜜カカオチョコクリームコオロギプロテインです。

材料

1、カカオパウダー 適量

2、コオロギパウダー 5g位

3、蜂蜜 カカオパウダーに合わせて、クリームになる位の量

意外と量を使うので、ボトルが使い勝手が良いかもです。

作り方

1、茶漉しか粉ふるいに、カカオパウダーとコオロギパウダーを入れて、2~3回ふるいます。

2、濾した粉に蜂蜜を適量入れて、混ぜます。固めか柔らかめかは、お好みです。

出来たら、蓋付きの容器だと保存出来るのでオススメです。

クラッカーにたっぷりと付けて、天日塩やチリペッパーや唐辛子をパラパラとトッピングするとお洒落や前菜にもなります。

チョコレートクリームは、甘くない甘さでたっぷりでも安心です。

天日塩は、鉄板の美味しさです。

唐辛子は、古代文明を体験できる美味しさです。

少し、手間がかかりますがふるいで丁寧にふるうことで食べやすくなります。

カフェインが苦手な方は、キャロブ

パウダーもあります。

苦味も欲しい方は、ブラックカカオパウダーもオススメです。

砂糖不使用のギルトフリーでコオロギ感無し、プロテインも摂取できるのでストレスなく男女問わずお楽しみ頂けます。

>昆虫食通販 バグズファーム

昆虫食通販 バグズファーム

この度は 昆虫食通販 Bugs Farm(バグズファーム)をご覧いただきありがとうございます。

昆虫食は 罰ゲーム用、2次会の景品、ユニークなプレゼントとしてはもちろん,
・将来の食料源として国連の専門機関 国際連合食料農業機関(FAO)の昆虫食に関するレポートをみて興味が湧いた。
・単純に食としての虫に興味がある。
・SNS拡散力があるメニューを開発したい。
・面白い栄養成分が無いか研究したい。
・化粧品原料として研究したい。
・薬の原料として研究したい。
などなど、、、 まだまだ、始まったばかりのニッチな分野です。

将来昆虫食が食料の主流になることは無いと思いますが、数多くの選択肢の中の一つとなる時代が来れば嬉しいです。
 
バグズファーム 店主

CTR IMG