【だんごむしの素】 プラナリアサブレ

サワディカー、愛です。

レンジで簡単にできる虫団子ミックス粉『だんごむしの素』を使ったアレンジ❤レシピです。

米粉、砂糖、塩のみのシンプルな配合なので、米粉がわりにお使い頂けます。

【材料(1匹)】

食用コオロギパウダー配合『だんごむしの素』 15g

バター 5~6g

砂糖 1g

ドライコオロギの頭 2ヘッド

【作り方】

① バターを室温に戻し、柔らかくします。

② ジップロックにだんごむしの素、バター、砂糖を加えて、揉むように混ぜます。

(生地がまとまらない場合はバターを足してください)

③ クッキングシートに並べて、好きなカタチに成形します。

④ ドライコオロギを飾ります。

⑤ 170度に予熱したオーブンで13~15分ぐらい焼きます。

【実食レポ】

バターは高いので、マーガリンでも全然OKです。

サクサクした鳩サブレ風に仕上がります。

大変おいしくできました、ごちそうサマサマ!

小腹が満たされたところで、、、

プラナリアとは、水の中にいる小さな生物なのですが、再生能力に優れていて、

体がちぎれても、それぞれ別な個体として復活するので、

バラバラになればなる程、数が増えます、ほぼ不死身です。

その中でも、南米プラナリアという手ごわい種類がいて、

炭酸水で満たせば酸欠で滅ぶだろうと思って、戦いを挑んだ事があります。

そんな事を思い出しながら、焼き上げました。

プラナリアの知名度が一般的にどの程度なのか謎ですが、かなり再現できていると思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

では、また次回!

コップンカー、ヂューガンマイ、愛でした!

>昆虫食通販 バグズファーム

昆虫食通販 バグズファーム

この度は 昆虫食通販 Bugs Farm(バグズファーム)をご覧いただきありがとうございます。

昆虫食は 罰ゲーム用、2次会の景品、ユニークなプレゼントとしてはもちろん,
・将来の食料源として国連の専門機関 国際連合食料農業機関(FAO)の昆虫食に関するレポートをみて興味が湧いた。
・単純に食としての虫に興味がある。
・SNS拡散力があるメニューを開発したい。
・面白い栄養成分が無いか研究したい。
・化粧品原料として研究したい。
・薬の原料として研究したい。
などなど、、、 まだまだ、始まったばかりのニッチな分野です。

将来昆虫食が食料の主流になることは無いと思いますが、数多くの選択肢の中の一つとなる時代が来れば嬉しいです。
 
バグズファーム 店主

CTR IMG