かずきのNEO昆虫食活動日記④

昆虫食の一歩先へ

今回は、少し真面目に書いてみます(いつも真面目なつもりなんですがw)

 GW頃に、毎日新聞から大きな記事の取材をいただきました。

 毎日新聞の連載企画は、経済思想家で大阪市立大学の齋藤幸平先生が資本主義の現代を様々な角度で切り込んでいくというもので、「UberEATS」「あつ森」などのトレンドから現代の資本主義社会を紐解いていくというものです。

 そんな中で扱っていただいたのが、「昆虫食」というわけです。

齋藤幸平の分岐点ニッポン

 斎藤先生は、「経済思想」というものを研究されていて、マルクス経済学の専門家でいらっしゃいます。

 マルクス研究界最高峰の賞ドイッチャー記念賞を2018年に当時31歳で歴代最年少、日本人初受賞されたという、なんだか僕にはよくわからないのですが、ものすごい経歴の持ち主だそうです。

 大変気さくな方で、取材のご縁で、僕のコオロギコーヒーのクラウドファンディングもご支援いただきました。

 いつも協力いただいているシェフとクッキングをして、コオロギパスタやスコーンを食べていただきました。

 そんな先生の最近の著書「人新世の「資本論」」は、全国の新書コーナーで鬼滅の刃の関連本や古市憲寿さん、菅総理の著書などと並んで新書のベスト5に入るようなすごい本です。笑

すでに6万部売れているそうです。

坂本龍一さんや、アジカンの後藤正文さんとも対談するそうです、もはや異次元です。笑

しかし、そんな偉大な先生が、なぜ、昆虫食を取材されたかというと・・・
かねてより「ケインズ経済学と気候変動」なども取り扱って研究されていた先生は、環境経済という点で「昆虫食」に興味を持たれていたようです。
著書にも、マルクスの経済学の観点から資本主義と地球環境について述べられています。

さて、先生の大学の卒業生でもあり、一緒にイベントなどを考えてくれている県庁の方から、

これを読むと、「昆虫食」について多面的に考察するための知見が得られるから読んでみてはどうかと勧められました。

社会的な問題解決の視点からアプローチしているというからには、「昆虫食」についての経験や知識のみならず、現代社会における課題を経済・環境・人々の生活様式など様々な観点から多面的に考察する必要があるのではないか?
馬鹿の一つ覚えみたいに、「SDGs」とか「国連の報告」とか言ってないで、もっと深い視点を獲得しなさい。

とハッキリと言われました。笑
僕へ課せられた課題です・・・

確かに、「昆虫食」業界は「SDGs」や「国連の報告」が後押しになって活況です。

しかし、「昆虫は世界を救う」というのは本当なんでしょうか??

ということで、少し著書を紹介していきます。僕の解釈では主にこんなことが書かれていました。

(1)「SDGs」という言葉は、先進国が罪悪感を和らげるための「大衆麻薬」に過ぎない。

(2)人間社会は地球の環境に負荷をかけながら発展してきた。先進国が途上国を搾取し、フロンティアを奪う形で負担を転嫁して成り立っている帝国主義的なものである。

(3)しかしながら、途上国も発展していくことで、負担を転嫁する先がなくなり、いよいよ地球環境に深刻な影響が出始めてきた(異常気象等)

(4)経済活動の発展と環境枠組みの維持は両立しないことが徐々に明らかになってきた。

このように、現代の「資本主義」の制度上の問題点を洗い出し、問題提起がなされています。

 要は、もっと大胆に真剣に取り組まないと駄目だ、このままでは取り返しがつかなくなる。

 そういう警鐘をマルクス経済思想から読み解くことができるのでは?ということです。

 心に残ったのは、「経済成長しても、豊かにならない」ということですね。

 コロナ禍ではマスクが売れ、災害時は防災グッズが売れ・・・資本主義は世の中がマイナスに落ち込んでいるときでも常に資本を最大化しようと作用する構造について書かれていました。

 後半は、「資本主義経済」に代わる何か、として、「脱成長」について述べられています。

 そういえば、コオロギコーヒーを開発するときに、サンワコーヒーワークスの西川さんも「生産地の疲弊」について語られていました。

 コーヒーは赤道直下の国で生産されています。アフリカ・東南アジア・南アメリカ・・・豊かな自然がある反面、いずれも経済的には発展途上です。

 日本でもカフェが増え、気軽にコーヒーを飲める場所が多くなってきました。

 スタバやコンビニコーヒーなんかその最たる例です。

 しかし、需要が増えても、産地が潤うかというとそうでもないというのです。

 コーヒーの生産には農地が必要です。労働力も必要です。土地が切り開かれ、安い賃金で買いたたかれている現状があります。

 これこそ、まさに、斎藤先生が著書で書いている「帝国主義的な経済」です。

 これは、コーヒーだけではありません。

 チョコレートの原料であるカカオ豆にも同じことが言えると思います。

 生産地である「フロンティア」が開発により失われ、そのしわ寄せは巡り巡って私たちの国にも押し寄せます。

地球の温暖化や自然災害・異常気象は私たちの暮らしを徐々に脅かしています。

なぜかというと、「地球は限りある資源」だからです。

ケガや病気でも、少しであれば、治癒しますが、あるどこかのリミットを超えと、二度と元には戻りません。「ポイントオブノーリターン」はもうすぐそこまで来ています。

 資本主義経済を日常生活で置き換えてみると、こんな見方もできます。

 今日の帰り、スーパーによると、にんじんが3本98円で売られていました。改めて考えるとこれは奇跡です。

 なぜかというと、僕はどれだけ頑張っても3本のにんじんを98円では生産できません。仮に1,000円かけても無理です。

 そんなの事業として長年のノウハウの中で大量に生産しているから当たり前じゃないか、と言われればそれまでですが、農業の世界では、「豊作びんぼう」という言葉があるように、たくさん作っても儲からないという仕組みになっています。

 資本主義はいろんなものを搾取して成り立っているという矛盾した側面をこうしたところに垣間見ることができます。

 コーヒーの世界では、適正な価格での買い取り、「フェアトレード」という考え方がありますが、まさにこうしたことへの問題提起ですね。

 ところで、マルクスは「社会主義的」な思想の持ち主で、第二次世界大戦以後の冷戦を経て、資本主義国家で占められている今の世界情勢からすると、過去の考え方かもしれません。

 それに、社会主義というと、旧ソ連や、北朝鮮などの独裁国家であり、一般的にあまりよいイメージはありませんよね。

 しかし、成熟した資本主義には限界があり、資本主義の矛盾について指摘していたのはある意味、遠い未来を予見したものなのかもしれません。

 そういった意味では、先生の研究されている「19世紀のマルクスの考え方の今日的な意義」というものが少しばかり理解できた気がします。

 もちろん、僕は資本主義の世の中で生きていますし、その恩恵を享受しています。

 それに、資本主義の矛盾への解決策が「社会主義」への移行かというと、そうとも思えないのですが、現在の豊かな日本の暮らしは、間違いなく地球環境や途上国を犠牲にして成り立ってきたものだというのは、確かにそうかもと納得する側面もあります。

 「ベーシックインカム」なんていう言葉がたまに聞かれるようになりましたが、少しずつ、成熟した資本主義社会のほころびが出始めてくるのも遠くないのかもしれません。

 現に、目に見える形でも、「異常気象」により日本でも毎年のように豪雨が発生し、土砂災害や洪水が国土を襲っています。

 現代に生きる私たちは「資本主義」の先を見据えて新たな人の世のあり方をグローバルな視点で考えていかなければならないわけです。

 何となく、最近、ヤバいっていうのはみんな感じていると思います。けれど、人は、大きすぎる問題には無関心です。

 「世界平和」「地球温暖化」「生物多様性」等々・・・こんなことを常日頃から「自分のこと」として考えている人は普通いませんよね。

 もはやこれらは個人や国家で解決できる問題ではないからで、今すぐ何かできることがないからですし、1分1秒後に目に見えて何かが起こるわけでもないからです。

 ニュースに目を向けると、「日本学術会議」「Gotoトラベル」「芸能人の不倫問題」・・・

 目先のことにとらわれるのではなく、もっと大きなことに目を向けないと世の中破綻してしまうんじゃないかという危機感を覚えました。

 僕もまだあと60年くらいは生きなきゃいけないわけですし。笑

 ただ、僕は「SDGs」という単語が浸透してきたことを、罪悪感を麻痺させるための大衆麻薬とは思いたくありません。

 どんな形であれ、意識を持つきっかけにはなるからです。「昆虫食」も同じです。

 昆虫が人間の主なタンパク源になるような社会は絶対に来ないと思っています。

 どう考えても(というと語弊がありますが)、牛・豚・鳥の方がおいしいです。

 家畜として人間の味覚に合わせて長年飼育されてきた歴史がありますから、

 2013年に国連の報告で日の目を見たばかりの昆虫が勝てるキャリアではありません。

 しかし、「昆虫食」が脚光を浴びることで、家畜の生産がいかに地球環境に負荷を与えているのかということを知るきっかけになることはあるかもしれません。

 10回牛肉を食べるうちの1回がコオロギに置き換わるだけでも、相対的に環境への負荷は抑えられるかもしれません。

 もちろん、相対的に負荷を抑えるだけではもうだめだと先生の著書にはありました。

 ゼロもしくはマイナスにしなければ、失われた環境は元に戻らないからですが。

 昆虫食を語るにあたって、単に「昆虫は代替タンパク源になる」というような一面的な捉え方だけではなく、根底には、先進国が地球の環境を犠牲にして成り立ってきたということや、数百年の資本主義の歴史がいよいよ成り立たなくなる世の中がすぐそこまで来ているかもしれない。

 資本主義の限界というものについて、真剣に各自が意識しないといけないという段階はもうすぐそこに来ているということに改めて気づかされる1冊でした。

 僕なんかでも読みやすい1冊になっていますので、ぜひ、読んでみることをおすすめします!!

>昆虫食通販 バグズファーム

昆虫食通販 バグズファーム

この度は 昆虫食通販 Bugs Farm(バグズファーム)をご覧いただきありがとうございます。

昆虫食は 罰ゲーム用、2次会の景品、ユニークなプレゼントとしてはもちろん,
・将来の食料源として国連の専門機関 国際連合食料農業機関(FAO)の昆虫食に関するレポートをみて興味が湧いた。
・単純に食としての虫に興味がある。
・SNS拡散力があるメニューを開発したい。
・面白い栄養成分が無いか研究したい。
・化粧品原料として研究したい。
・薬の原料として研究したい。
などなど、、、 まだまだ、始まったばかりのニッチな分野です。

将来昆虫食が食料の主流になることは無いと思いますが、数多くの選択肢の中の一つとなる時代が来れば嬉しいです。
 
バグズファーム 店主

CTR IMG