TAG

内山昭一

  • 2021年2月19日
  • 0件

虫を食べて暮らす23

イエバエはすごい! マゴットと聞くと何を連想するだろうか。多くの人がセラピーという単語を思い浮かべるかもしれない。マゴットセラピーとはマゴットつまりハエの幼虫を使った糖尿病による足の壊疽などの治療法のことで、これにより足を切断することなく治癒する確率が高いのである。幼虫は正常な組織を損傷することなく […]

  • 2020年12月18日
  • 0件

虫を食べて暮らす22

人間も相変異する?! ~バッタの大発生と新型コロナウイルスの蔓延~ 2018年に二つのサイクロンがアラビア半島を襲い、翌19年には今度はアフリカ東北部のケニア、ソマリア地域にサイクロンが大雨を降らせた。そのためバッタの孵化率が著しく向上し、加えて餌となる植物が繁茂したため、70年に一度という甚大な被 […]

  • 2020年10月16日
  • 0件

虫を食べて暮らす21

無印良品の「コオロギせんべい」発売に寄せて 日本の虫入りせんべいの元祖は「地蜂せんべい」であろう。 https://insectcuisine.jp/?p=185  長野県大町市にある地蜂愛好会が、地蜂(クロスズメバチ)の廃棄される親蜂5~6匹を焼きこんだせんべいを作った。地元の土産物店などにおいた […]

  • 2020年9月4日
  • 0件

虫を食べて暮らす20

虫納豆と虫醤を作る 新型コロナウイルス感染が広がるなか、発酵食品が腸の免疫細胞を増やすということで、夕方スーパーへ行くと納豆が売り切れている時期があった。 食物繊維と共に摂るとさらに良いという。そこで大豆に加えて食物繊維的な働きをするキチン質を多く含む昆虫も混ぜた虫納豆を作ることを思い立った。 虫は […]

  • 2020年7月22日
  • 0件

虫を食べて暮らす19

そもそもバッタとはなにか 「バッタもん」という言葉がある。戦後バッタのように移動して倒産品などを扱う店を「バッタ屋」と言い、そうした非正規商品のことを「バッタもん」と呼んだ。バッタにとってはマイナスイメージで迷惑な話であるが、あちこち動き回るという意味では正しい用法ではある。 バッタの語源は飛ぶとき […]

  • 2020年6月12日
  • 0件

虫を食べて暮らす18

昆虫食ディナー試食会に参加して 昨年2019年10月に奈良で初めての昆虫食イベントが開かれた。奈良県営馬見丘陵公園を会場に、「いま注目される昆虫食を考える~昆虫食セミナー・試食会in NARA UMAMI~」というテーマで実施された。イベントの詳しい内容は「虫を食べて暮らす15」に書いたのでお読みい […]

  • 2020年5月8日
  • 0件

虫を食べて暮らす17

佐藤春夫の『蝗の大旅行』を読む 佐藤春夫(1892〜1964)は大正・昭和期の小説家・詩人で、ロマン主義的作風で知られている。『蝗の大旅行』(1926(大正15)年、改造社)は彼が初めて書いた14編の童話を収めている。ロマン主義の特徴である感情や個性の自由な表現によって童話も描かれている。 主人公の […]

  • 2020年4月2日
  • 0件

虫を食べて暮らす16

ザザムシ食という文化 二〇〇七年、スローフードインターナショナルで企画した「味の箱船」プロジェクトの品目に、信州スローフード協会が「ザザムシ」を申請し、イタリア本部の審査でスローフードに認定された。 「ザザムシ」にかぎらず、昆虫全般はかけがえのない伝統食材である。スローフード認定は、味の多様性が急速 […]

  • 2020年2月19日
  • 0件

虫を食べて暮らす15

奈良県営馬見丘陵公園で昆虫食セミナー&試食会 5時半起床。キャリーバックに食材を詰めながら、用意したリストの項目をひとつずつチェックしていく。現地で手に入らないものばかりなので、眠い目を擦りながら慎重に確認する。昨夜妻が用意しておいてくれた菓子パンを齧りながら家を出る。 この日は奈良県営馬見丘陵公園 […]

  • 2019年12月25日
  • 0件

虫を食べて暮らす14

バッタとエビの食べ比べ実験 私たちが秋に行う「バッタ会」は大人気だ。河原の草原に集まってバッタを採り、その場で揚げて食べるというシンプルな催しだ。食の原点もいえるキャッチ&イートを手軽に楽しめるのが人気の理由ではないか。バッタを食べた人から「エビに似ている」という感想をよく聞く。バッタはエビと同じで […]

>昆虫食通販 バグズファーム

昆虫食通販 バグズファーム

この度は 昆虫食通販 Bugs Farm(バグズファーム)をご覧いただきありがとうございます。

昆虫食は 罰ゲーム用、2次会の景品、ユニークなプレゼントとしてはもちろん,
・将来の食料源として国連の専門機関 国際連合食料農業機関(FAO)の昆虫食に関するレポートをみて興味が湧いた。
・単純に食としての虫に興味がある。
・SNS拡散力があるメニューを開発したい。
・面白い栄養成分が無いか研究したい。
・化粧品原料として研究したい。
・薬の原料として研究したい。
などなど、、、 まだまだ、始まったばかりのニッチな分野です。

将来昆虫食が食料の主流になることは無いと思いますが、数多くの選択肢の中の一つとなる時代が来れば嬉しいです。
 
バグズファーム 店主

CTR IMG